鼻の毛穴をカバーできるシルキーカバー

シルキーカバーは、鼻の毛穴を隠したり、肌をナチュラルに見せてくれたりする作用がある化粧下地です。女性から肌がきれいになると大変人気を集めています。テレビにも出ている有名人やも愛用しているということで、通販で購入している女性は多いです。

ただ使い方を間違ってしまうと、あまり効果が期待できません。そこで、ここからは使用する際のポイントを紹介していきます。

⇒シルキーカバーのサンプルを試す方法

シルキーカバーの人気の秘密

色々な種類の化粧下地が販売されていますが、その中でもシルキーカバーが人気の理由は美容成分をたっぷりと配合されているからです。例えば、22コラーゲン、ヒアルロン酸ナトリウム、リピジュアなど肌の潤いを保つ成分が他の化粧下地よりも豊富に含まれています。

したがって、乾燥肌や敏感肌で悩んでいる方もスキンケア感覚で使用できるというわけです。

その他にも、毛穴や肌の凹凸、シミやくすみなどをきれいにカバーしてくれることも人気の理由です。シルキーカバーには微粒子が含まれていて、その微粒子が毛穴の奥にまで入り込んでいきます。そのため、コンシーラーのように完全に肌トラブルを隠すことができます。

さらに、肌のてかりを抑えるシルクセリシンパウダーも配合されていることから、夏の高温多湿の時期も美肌を保つことが可能です。肌がべたつくこともなく、朝から夕方まで快適に過ごすことができますよ。このように美肌を保つことができることから、人気を誇っています。

シルキーカバーを塗布する前に肌を整えることが大事

シルキーカバーは、肌の凸凹や黒ずみを隠してくれる優秀な化粧下地です。その効果を最大限に発揮させるためには、肌に塗布する前に基礎化粧品によるスキンケアを丁寧に行うことが大事です。そもそも洗顔後の肌というのは、油分がほとんどなくて乾燥している状態です。

したがって、そのまま肌をケアせずに塗布してしまうと、シルキーカバーが肌にきちんと密着せずにきれいな仕上がりになりません。できれば洗顔してすぐに化粧水で水分を与えて、最後に乳液で肌を保湿すると良いでしょう。

スキンケアを丁寧に行うことで肌トラブルをしっかりとカバーできるので、一日中快適に過ごすことができます。

塗布する際のポイント

洗顔後、いよいよシルキーカバーを顔に塗布していきます。この時にスパチュラでクリームを取る人もいますが、指の腹で取って塗布することをおすすめします。というのも、指の体温によってクリームをある程度、温めたほうが肌へのなじみが良くなるからです。

クリームを指の腹で取ったら、まずは顔のTゾーンにのせて額の中央から生え際に向かって伸ばしていきます。そもそも毛穴は下に向いているので、下から上へクリームを伸ばしていけばきれいな仕上がりになります。Tゾーンに塗布したら、続いて鼻筋から小鼻、頬に向けて丁寧にクリームを伸ばしていきましょう。

その後、顎、ほうれい線などに塗布していきます。最後に、口周りや目の周りなど皮膚が薄い部位を中心にクリームでカバーしていきましょう。なお、デリケートな目元は、まぶたを少し持ち上げながら目尻から目元に向かって塗っていくことがポイントです。

すると、クリームがムラにならずきれいに塗布することができます。シルキーカバーを塗布する際に一番に気を付けなければいけない点は、厚塗りしないことです。なるべくクリームを薄く取って、何度か重ねるように塗布することが大事です。

毛穴やシミなどトラブルが多い方の場合、カバー力を高めようと自然と多めにつけてしまう傾向にあります。ただあまりにもクリームをつけすぎてしまうと、肌のテカリが目立ってしまったり、化粧が崩れやすくなったりしてしまいます。

とりわけ顔の中でも皮膚が薄い口元は、厚塗りをするとシワが目立ちやすくなってしまう可能性が高いです。一回で使用するシルキーカバーはパール一つ分の量が目安ということを頭に入れるようにしましょう。薄く重ねづけすることで、驚くくらいに毛穴を目立ちにくくすることができます。

ファンデーションを塗布するコツ

シルキーカバーを塗布した後は、ファンデーションをつけていくことになります。一口にファンデーションといっても、リキッドやクリーム、BBクリームなど色々な種類がありますよね。シルキーカバーにはどのファンデーションが合うのだろうかと気になる人は多くいます。

実は、シルキーカバーはどんな種類のファンデーションとも抜群の相性を誇るので、自分が普段使っているファンデーションを使用すれば良いでしょう。ただシルキーカバーをつけてからすぐにファンデーションを塗ることは厳禁です。

下地が十分に乾く前にファンデーションを塗ってしまうと、ムラやヨレ、メイク崩れの原因になります。したがって、しっかりと乾くのを待ってからファンデーションを塗っていきましょう。すると、皮脂っぽさが消えてきれいに仕上がります。

ファンデーションを使用する際は、鼻や頬など顔の中心から塗布していくことがポイントです。そもそも最初に塗布する部分が一番濃くなるため、最も視線が集まる部位からつければ失敗することがないからです。ファンデーションを適量、肌にのせたら、スポンジで叩くように付けていきましょう。

ファンデーションに空気を含ませることができ、その分、カバー力が高まっていきます。鼻と頬にファンデーションを付け終わったら、次に額や目元、口周りなどに向けて滑らせるように付けていきます。特にほうれい線や目の周りなどよく動く部分は、出来る限り薄くつけることが大切です。

また、シミを隠そうと厚塗りになると、老けて見られる上に化粧が崩れやすくなってしまうため注意しましょう。薄くつけるように意識することで、ナチュラルな質感の肌に仕上がります。

フェイスパウダーの効果

ファンデーションを塗布した後は、仕上げとしてフェイスパウダーをのせていきましょう。フェイスパウダーの粒子はとても細かいことから、肌とメイクをしっかりと密着させる作用があります。また、皮膚にツヤ感が出ることから年齢を感じさせないきれいな肌を作ることができますよ。

さらに、夏の暑い時期には汗や油分による化粧崩れを防ぐ効果も期待できます。その他にも、細かなラメが入っているフェイスパウダーを仕上げに塗布すれば、ハイライト効果でメイクに立体感を出すことも可能です。色々な効果があるので、必ずファンデーションの上から薄く重ねづけしていきましょう。

参考情報《シルキーカバー|APROS》|http://www.apros.co.jp/products/detail.php?product_id=421